ミルキーウェイ

いまの時代にあえてネットで発信する理由はどうしても伝えずにいられないことを伝えるためだと思います

中古で買ってみた GALAXY Note Edge SCL24 au

格安運用ならキャリアスマホ!?

iPhoneAndroidの2台持ちをしている。Androidの方が5からアップデートされない機種だったのであわよくば買い替えようと思っていた。

いまSIMフリースマホが伸びているようだが、私はキャリアスマホを選びたい方だ。キャリアスマホのほうが値段に対してハイスペックだから、ほかにデメリットがあっても目をつぶることにしている。確かに最新のOSが使える可能性の高いSIMフリー機種にも魅力があるけど、譲れない要素について考えたとき、(主にCPU)スペックが使用感に大きく影響するだろうと考える。

ファブレットの時代が来てる

あとは画面の大きなスマホ。世間ではスマホの進化は終わったのだとまことしやかに言われている。その真相は分からないが、スマホに対してファブレットのシェアは増えているらしい。私も前からある程度のサイズは(面積に対する体積の増加など)有利な点が多いと思っているので、前よりは大きなものを選ぶことにした。というかネット見るにしても動画を見るにしても、持ち運びのことを考えても5インチ未満では少し小さいと思う。

お店の陳列棚を眺めているうちにLGの機種にもひかれたけれど、サムスンのGlaxy Note Edgeも候補に挙がった。LGは前にも使ったことがあるがサムスンを使ったことは一度もない。何となくお高く留まったところがあるので手を出せなかった。少し前の爆発騒動やほかの新興メーカーの台頭によるのだろうか、少し古めの機種なら比較的中古価格が落ち着いた気がする。

ギャラクシーノートエッヂ

Galaxy Note Edge SCL24は今使ってるauのLTESIMをそのまま使うことができる。もうそろそろau LTE SIMの時代じゃないのだけど、auMVNOのVoLTE SIMは端末のロック解除しないと使えないのにロック解除に強い制限がかかっているため、使える端末の種類が非常に少ないつらい状況になっている。

この機種の最大の特徴はエッヂ部分。それはまあいいんだけど、もう一つの売りであるSペンによる手書きはどんなものなのか気になる。

その店では2台ある在庫のうち1台は状態も良かったのでそれを買うことにした。中古の端末を買ったときは必ずすることがある。ひとつは端末のリセット。すでにリセットされてるのだけど念のため。あとは気休めのアルコール消毒。

中古端末はどこから来たのか

中古端末は前はどんな使われ方をされていたのかわからない。確かめようはないのだけど、いくつか判断できることはある。

まずこのSCL24 は時計が2017年で止まっていた。半年くらい放電されたまましまっていたのかもしれない。実利用期間が短いのはいいことだと思う。

最初2015年製とは思えないほどバッテリーが弱っていて、朝100%から2時間くらいで空になるほどだった(もちろん画面ONで使い続けて)。SCL24は今どき珍しい電池パック交換可能な機種なので別にいいのだけど、念のため2~3回の放電と充電を経ると少し復活した気がする。アプリによる推測で7割ちょっとくらい容量が残ってるらしい。

バッテリーが本調子になるまで少しかかったことを考えても、この端末が長い間眠っていた可能性は高い。ただアップデートは2017年7月のが当たっていたようなので、それからだと思われる。

画面が大きくて使いやすい

少し使ってみてやっぱり画面が大きい。個人的には情報が多くなるメリットの方が多いと感じる。画素が細かいので文字が恐ろしいほどきれいだ。

有機ELだから黒が引き締まる、とはあまり思わなかった。普通にきれい。

事前にレビューでエッジ部分の誤作動が多いと読んだが、そこまで気にならないと思う。触っただけなら動作しないので。

Sペンの書き味も少し使ったくらいではとても良い感触だと思おう。標準のSノートという
アプリが入っているのだけど、Google PlayにもSペン対応のアプリがある。こういうサードパーティーの充実してるところは売れてるメーカーの良さだと思う。

もしSペンなくしたらすぐ手に入るんだろうか。