ミルキーウェイ

いまの時代にあえてネットで発信する理由はどうしても伝えずにいられないことを伝えるためだと思います

若者のパソコン離れをどうするか スマホあればパソコンいらない

最近の若者はパソコンを使えない。どうすればパソコンの利用率を上げられるのか。たまにニュースになるから人によっては大事なことらしい。本当に大事なことなのだろうか。

それよりスマホでできることをいかに増やすかにリソースを割いたほうがよくないか。少なくとも時代の先を見ている人はそう考えている。

この10年、スマホタブレットでできることは増えていて、パソコンでやる仕事の大部分がすでに食われた。ネットを見たりメッセージを送ったりという基本的なこと、天気を調べるニュースを見ることも問題ない。マップはパソコンより便利だ。

パソコンでしかできないことは昔より減っているのに、パソコン本体は10万円以上する。別途ネット契約も必要。それなら使われないのが正常だ。

それならあなたはなぜパソコンを毎日使っているの? といわれたらもちろんスマホではできない仕事をするため。同じことをするなら画面が広くてパワーもあるパソコンのほうが早くて便利だからというのもある。

しかし本音を言うと、スマホとその環境がまだ未完成で過渡期にあるからパソコンも使っているけど、利用率が低いわりに場所とコストをとられていてモヤモヤしている。

いくらスマホが進化したといってもそのCPUパワーは2000年代のCore2Duoにも劣るし、アプリも周辺機器もパソコンに比べてまだ足りない。完全にスマホに移行できないジレンマはある。

仕事ではWindowsを使うからパソコンの操作が分からないとだめだ、という意見もある。そろそろ業務アプリもAndroidタブレットiPadに移植して、必要ならキーボードとマウスを接続していけばいい。利用者が複数のOSを学習するコストよりも楽だと思う。多くの業務アプリはWindows以外でも実現できそうだから。

 

milkywaynet.hatenablog.com