読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

確実 iPhoneの画面を絶対に割らない方法

iPhoneに変えたことで心配なのは画面割れです。Android機種に比べて画面が割れている人の割合が多いと思います。その理由は割れていても使えてしまうから、ともいわれてます。しかし画面のもろさも影響している気がしてなりません。

ジャンクスマホコーナーをよく見ますと、Androidで本体がボロボロの端末は多いものの、画面が割れているものはあまり多くないです。経験的にですがやっぱりiPhoneの画面は割れやすく感じてしまいます。

週刊アスキーの連載で読んだ対策は「しっかり握れ」だそうです。たしかに絶対に確実に落とさない方法ではあります。そうなんですけども、それでもうっかり落としてしまうものですよね。

個人的に思うのは、歩きながらのスマホ操作はやっぱりよくないというということです。もし歩くなら芝生の上でするみたいに、地面のコンディションを考えておく癖をつけたいものです。

ネット検索で調べると、強化ガラスのフィルムを貼ることをおすすめしていることが多いです。もろい部分を補強するという単純明快な方法です。堅いガラスで覆ったら確かに強度は上がるのでしょう。

iPhone 6以降はカメラのデザインを見ても、ケースに入れて使うことを前提に作られていると思います。画面も保護する前提だと考えても不思議ではないでしょう。

ガラスフイルムの価格が2000円だとすると、割れた画面を修理するより圧倒的に安いです。なので私もただの保護フィルムをやめて堅めのフィルムに変えたいと思います。

ある時期以降、iPhoneを手帳型ケースに入れる人が増えました。たしかにスマートフォンは手帳みたいに使えますが、なぜこぞって手帳型にするんだろうと疑問に思ってました。

実は手帳型ケースは本体を落としたときにダメージを受けにくいという重要なメリットがあるようです。たしかにこういうケースは布などの柔らかい素材でできているので、プラスチックの薄いケースに入れるよりは安全でしょう。

ほかに時計のGショックみたいな分厚いケースに入れる方法もあるみたいです。たしかに衝撃に強いし防水効果があったりメリットは多いです。が、そうするとiPhoneのスタイリッシュな見た目を損なうので、ここは使う人のセンス次第だと思われます。