読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近タイピングが劣化したのはたぶんスマホのせい

PCでタイピングをしていても昔みたいにすらすら行かないのは私だけでしょうか。キーボードが手にあってない可能性もありますが、日本製ノートパソコンのようにある程度の質を保ってるキーボードや高品質なはずのMacのキーボードでも日本語がうまく打てません。

かつてローマ字入力は日本語に向いてないなんて論争がありました。結局「かな入力」は流行るどころか廃れてしまい、キーボードで打つならローマ字しかない状態なわけで、大多数のユーザーはローマ字入力を選んだということですが、そういう次元とは関係ないくらい壊滅的に文字を打つのが苦手になってます。

おそらくスマホの音声入力のスピードに慣れてしまったからだと思います。音声入力はうまくいけばしゃべるのよりワンテンポ遅いくらいで、キーボードとは比べ物にならないくらい早いです。

それも技術の進化でほとんど間違えないレベルになって来ました。AndroidiOSで若干性格が違うのですが、個人的にはiOSのほうがうまく使える気がします。声を出すと随時文字に変換されるので気持ち的にスピーディーです。Androidの方は精度はいいのですが、一気にまとめて変換なところが惜しいところです。

一昔前の音声入力は認識が甘くてイライラすることもありました。Windowsのエンジンは今でもそうです。しかしiPhoneAndroidだともう実用的と言っていいと思います。

歩きながら短めのメールを送りたいときなんて、音声入力を使わない手はありません。場所によっては人目が気になるのは難点ですが、精度がいいのでどうしても優先して使ってしまいます。

いまだに音声入力を全く使わないという人がいたら、ぜひ使ってみることをおすすめします。もうそういう時代に来たと思います。多少活舌が甘くてもしっかり認識してくれます。