ミルキーウェイ

いまの時代にあえてネットで発信する理由はどうしても伝えずにいられないことを伝えるためだと思います

SNSのコツは試行錯誤の数

SNS時代に疲れてしまう、すべての人へ。はあちゅうが語るSNSを楽しむ流儀とは。 | コルクのブログ http://blog.corkagency.com/howto/1673/#p1673-enjoying
私は、SNSのコツは試行錯誤の数だと思っています。同じツールでも、時間が経つとともに、SNSの世界観は変わります。Twitterは、昔はIT色が強かったけど、今は多種多様な人がいる場所になってきている。時代とともに、同じツールでも、世界観や雰囲気が変わっていくので、それにあわせて早い段階から試行錯誤していくのがいいと思っています。


何気なく見ていた記事で「たしかにそうかも」と思える一言。SNSを楽しむには試行錯誤の数で決まる、ということです。試行錯誤をさぼるとSNSはすぐダメになっていきます。

いまTwitter社は経営不振なうえ身売りも難航しています。しかしそれと自分自身のタイムラインのクオリティーは何の関係もないんだということを深く感じました。

Twitterはフォローする・しないという非常に単純な操作の積み重ねであらゆる形に姿を変えます。たしかに広告部分は選べないかもしれませんが、TLに関して悩む必要はないのです。Twitter社の経営がどうとか個人には一切関係ありません。

しかも時間の経過とともにツイートを辞める人や気分やノリが変わる人がいる以上同じTLを維持することはできません。もしかしたらSNSで絶対できないことは何かといわれたら「現状維持」なのかもしれません。

内容を常にダイナミックに変えていかないとすぐに劣化していきます。そんなことを考えました。