ミルキーウェイ

いまの時代にあえてネットで発信する理由はどうしても伝えずにいられないことを伝えるためだと思います

夢のお告げでブログをやめようかと思った話

あなたにとって居心地のいいインターネットってどんなところ? という話です。

SNSでこんな話題は嫌われる!みたいなネタがあります。例えば、寝てない自慢、疲れた自慢、モテない自慢、など。

他には自撮り写真が嫌とか、意識高い発言が嫌とか、色々言われているようです。

個人的にはそれらはそんなに嫌いじゃないです。自分撮り写真はあった方が楽しいと思う方ですし、誰だって寝てないと自慢したくなることもあるでしょう。

でもひとつだけこれは共感できる「あれ」な話題が一つあります。みなさんはこれどうでしょうか。

それは夢の話です。「○○で何々したと思ったら夢だった」そんな書き込みです。どうでもいいこと世界に向けて発表しなくていいよと思ってしまいます。

あと夢は本来忘れるものなので、わざわざ記録するとメンタルが壊れるという話を聞いたことがあって、夢の話が怖いのかもしれません。

そんな前ふりをしたうえでこの話題に行くのは根本的に間違ってるかもしれませんが、夢の話をします。このブログをやめる夢を見ました。

夢のお告げかどうかはべつとして、これがもしかしたら願望かもしれないといわれたら、たしかにそうかもしれないと思います。夢って本音が包み隠さず出たものだって説がありますよね。

個人的に思うことなんですが、自分にはネットの枯れたサービス、長年の歴史ある保守的なサービスは向いてないのかもなって思いつつあります。

安定感あるけど、悪く言えば腰の重い、たとえばいまのmixitwitterです。2chなんかも特にそうです。

逆に言うとブームになる前の開拓的な雰囲気が好きです。いろんな人が次々やって来て、あんなこともできるのか、こんなこともできるのかと、毎日が新鮮な世界です。

黎明期に遊んで盛り上がって急にいなくなる人がいる一方で、ブームが落ち着く頃にはまる人もいます。自分は割と初期にはまるか、その中間くらいのタイプかと思います。

その意味ではこのブログを書いてるプラットホームは老舗中の老舗です。安定感と将来の運営に対する安心感でここに勝るところはありません。サービスなくなったらどうしようとか、急に有料化して広告だらけになったらどうしようかといった心配はほとんどありません。

しかしながらシステムが古くさいと言ってしまえばそれまでで、新しいサービスにはあってここにないものがいくらでもあります。スマホ対応も遅れ気味なのもありますし、ソーシャルメディアなんてなかった時代のサービスなのでそういう機能が一切ない不満もあります。

新鮮な気持ちで遊べるところがあればそこにいきたいという思いが、夢になって表れたのかななんて思いました。

アイドルで例えるなら、コリン星出身という設定のアイドルはいつか設定を忘れて普通になっていきます。

お笑い芸人も人気が出るまではネタを披露しますが、いつの間にか司会者やコメンテーターになっていきます。

それが正しいことなのかもしれません。永遠にコリン星出身じゃ通用しないのもわかります。でも初期の雰囲気好きなんですよね。

だから懐古趣味に陥るということでなく、フロンティア精神を忘れずに居場所を変えてくのが自分のやり方なのかな、なんてことを思いました。