読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhoneとAndroidどちらがいいか問題

iPhoneAndroidのどちらが優れているなんて断言して言う人がいたらちょっと怪しいです。

数年前にITライターの人が話してた事は、機械に詳しくないならiPhoneを、機械に詳しい人がAndroidを選びましょう、ということです。

条件付きでどちらか選ぶことができても、どちらか一方で決めてしまうことができない状況は今でも変わってないでしょう。

このブログの統計を見ると、iOSAndroidでシェアはほぼ互角です。この関係も数年変わっていません。

私個人としてもどちらをメインにしようか今凄く悩んでます。iPhoneにしかできないことが多いけれど、iPhoneだと全くできないこともあって、メリットとデメリットの判断が難しいです。

スマートフォンを使うにあたって文字入力の精度はとても大切です。タッチの反応に関してはiOSというかiPhoneの方が上です。

おそらくスマホの文字入力数をちゃんと調査したら、iPhoneの人の方が多いような気がします。ツイッターとかを見ていてもiPhoneの人の方が多弁です。

最近は音声入力を使うことも多くなりました。音声入力の評価は人によって違うみたいでAndroidの方が好きと言う人も多いみたいです。

個人的にはiOSの方が好きです。句読点に対応しているところももちろん高評価ですが、入力を始めると即座に反応してくれるところが優れていると思います。

Androidの音声入力は変換精度こそ高いかもしれませんが、時々ワンテンポ待たされる時があって、不自由な時があります。

普段の音声入力の利用には賛否あると思いますが、私はもうすでに人混みの中でLINEするなら、フリックより音声入力のほうが効率的だと思っています。立ったままでもほとんど間違えることなく入力できます。人目も気になりません。

じゃぁメインのiPhoneにしていいかと言うと、そうもできない思いもあります。Androidじゃないとできないことも多いからです。家の中だったりちょっとした外出なら2台持つことも可能ですが、いつでもそれをするのは現実的じゃないです。

スマートフォンなんてどうでもいい、インターネットはそんなに重要じゃない、という人ならiPhoneのみ使う、Androidだけを使うと言う選択もアリでしょう。

しかしデジタル大好きなのに頑なにiPhoneを使わないとか、iPhoneしか使わないといった選択は、ちょっともったいないなと思います。