ミルキーウェイ

いまの時代にあえてネットで発信する理由はどうしても伝えずにいられないことを伝えるためだと思います

MVNO格安SIMのドコモ端末でテザリングできるケース

通常MVNO格安SIMテザリングが制限されたり別料金を取られたりすることはありません。ただそれはサービス提供側の話です。ドコモ版スマホだけはテザリングしようとすると強制的に設定が切り替わってテザリングできなくなってしまいます。

もともとはドコモの料金体系による理由だったようです。テザリングによる通信は別カウントなためにAPN設定を切り替える必要があって、MVNOだとそれに対応してないので通信不可になるわけです。とかもっともらしく言ってますが、ただ単に MVNO に対する嫌がらせのような気もしなくもないです。

ドコモMVNOテザリングが大丈夫なケースは

SIMフリー端末の場合
iPhoneの場合

です。ドコモから発売されてるスマホだと基本的にテザリングできないです。逆にauMVNO なら自由にテザリングできます。と思ったらマイネオではiPhoneテザリングできないという厄介な問題もあります。似たようなシステムの UQ Mobileだとテザリングできるので、これもauの嫌がらせのような気もしなくもないです。

ところが最近、ドコモ版スマホでもテザリングできるケースが増えてきました。マイネオDプランの動作端末の中で、テザリング可能になっている機種を抜粋してみると。

arrows SV【F-03H】
arrows Fit【F-01H】
Nexus 5X
Galaxy S7 edge【SC-02H】
AQUOS ZETA 【SH-04H】
Disney Mobile on docomo 【DM-01H】
AQUOS Compact 【SH-02H】
AQUOS ZETA 【SH-01H】
AQUOS EVER【SH-04G】
AQUOS ZETA 【SH-03G】
Xperia X Performance 【SO-04H】

確認済みのドコモ端末は153種類なので、ざっと11/135で全体の8%くらいです。ちゃんと調べないとドコモ端末ではテザリングできないと思った方がいいです。比較的新しくて高性能なスマホが多いので相場も高めでしょう。

というか、ドコモ端末が153種類ってどういうことでしょうね。スマホが誕生して5年くらいなのに、そんなにいっぱい出して、売って古いまま放置を繰り返してるんですね。

いまはSIMフリー機種の選択肢が広がっているし、各種iPhoneも使えるから、前ほど困らないです。