読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twitterのリプの正しい活用法は相手に求めることだと思う

このブログにはTwitterについて考えたことがいくつか書いてあります。もっとTwitterを有効活用したい、そんな思いからであります。


つぶやきとは何か、についてはほぼ答えが出ています。つぶやきは"今何している"といった最新情報を書くところです。企業の告知なんかもそれに当たると思います。

逆に思考ツールとして使ったり自問自答の場として使うと、うまくいかないことが多いんじゃないかなと思います。その理由は前にも書いてます。

そもそもツイッターのアカウントの存在自体は、その人の窓口としてとても有効です。あの人に連絡したいけど連絡先が分からん、というときツイッターはとても役に立ちます。

じゃあTwitterのリプ(リプライ)は何なのか、長年自分の中で少しモヤモヤがありました。

Twitterはチャットツールではないと思います。チャットしたいならスカイプやラインを使ったほうが誰にも気兼ねなく会話に没頭できます。Twitterだと思わぬ横槍が入ったりして不快に思う人がいるようです。オープンの世界なのでそれはとても当たり前の現象です。

リプとは何か、Twitter初期の頃に出版された本(といっても2009年くらいで、それより前のTwitterは知りません) に答えがそのまま書いてありました。

リプライはもっと詳しく知りたいとか、関係する他の情報が欲しいときに使うもの、と書いてあります。当時はいまいちイメージがつかめなかったけど、今考えるとやっぱり的確な説明だと思います。

例えば"今買い物しています"というツイートがあったとして、"何の買い物なの?何を買っているの?"と問いかけるのが、Twitterらしいリプの使い方だと思います。

ディベートや相談のためのツールとしては向いてないと思います。有名人がディベートっぽいことをやっているのは、炎上商法と決めつけてもいいかもしれません。本気でTwitter上で答えを出したいと言う気持ちが伝わってこないからです。