読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒歴史?ネットの古い記事を消したい!

今年ブログを移転したのは正しい判断だったと思います。新しい方は良いのですが、古いほうの扱いに少し困っています。

多分古い書き込みが発掘されて困ることはないでしょう。顔出ししてる女子大生とか、よほどの有名人とか、よほど反感を買う人じゃない限り、問題になる事はありえません。

私は複数のSNSやってますけれど、わざわざリンクしても開いてくれる人は稀です。そんな人はありがとうございます。リンクしなければ読まれる可能性は0に近いです。よっぽどの人以外。

古い記事に問い合わせがあって困るわけでもありません。検索から人が来ればいくらかの宣伝になるのでメリットしかないと言えます。

だけどみんなそんな古い記事を見てどうするのって思ってしまうんです。前のブログで毎日アクセスがあるのは、現在の視点から見ると少し古びた情報なので、アクセスがあることに申し訳なくなってしまいます。

あと1ヵ月で1回も読まれないようなブログ記事は存在しても存在しなくても同じじゃないかと思うので、整理整頓の意味を込めて、どこかにやってしまいたいと思います。

対策はいくつかあります


  • ブログを削除する
  • 検索エンジンから削除する
  • ブログを削除してアクセスの多い記事を他のサーバに誘導する
  • 古い情報はリライトしてこちらに移動させて誘導する


潔いものから保守的なものまでいろいろあります。

そこそこあるアクセスを消してしまうのももったいない、だけど古い情報をいつまでも提供してしまうのも気分が落ち着かない。

そんなことに悩んでいます。

一応これはもういらないだろうと思う記事を削除(非公開に変更)してみました。でも全体的なアクセス数って変わらないんですよね……。