ミルキーウェイ

いまの時代にあえてネットで発信する理由はどうしても伝えずにいられないことを伝えるためだと思います

“面白いイヤホン”みつけた 上海問屋デュアルドライバー DN-80499 いわゆる問屋DD

1カ月くらい前、カナル型イヤホンが全部壊れてなくなったので買うことにしました。今回はドスパラ上海問屋で適当に値段と形を見て選んでみました。本当に偶然です。それがいわゆる「問屋DD」として一部マニアに人気なイヤホンだったのです。

デュアルドライバーとはなにかというと、イヤホンの中にスピーカーが2つ入ってます。一部の高級品以外の普通に使うイヤホンってほとんどダイナミック型です。

よくイヤホンのパッケージに「迫力の重低音」といううたい文句が書いてあります。これは単にみんな重低音好きだから書いてるわけじゃないようです。

重低音を重視するとその他の音が犠牲になるそうなんです。本当は全音域を出したいけど、重低音しか出せないから「迫力の重低音」なんてことを売りにしているわけです。仮に中高音の出るイヤホンがあったら低音は犠牲になるでしょう。

デュアルドライバーにはなんとスピーカーが2つ入ってます。重低音用と中高音用です。そのため今までにない立体感のある面白い音を楽しめます。

過去のブログを見ると1000~1500円くらいが多いようです
為替に左右されるかも

他にイヤホンの仕組みでBAというのがあるみたいですが、その辺で普通に買うことはないでしょう。怪しい廉価版を除けば数万円します。デュアルドライバーはダイナミック型の欠点を手軽に克服しているといえます。

他にもエレコムなどでデュアルドライバーのイヤホンがあるのは知ってましたが、実際に使ってみるまでこんなに楽しい音がでるとは思いませんでした。

もう一つのメリットはデュアルのせいかある程度の音量でも耳が痛くならないことです。街中で普通にBGMを楽しんでいるとすぐ耳が疲れてきますが、問屋DDはすこし余裕をもって使えます。

重大なデメリットもあります。サイズが耳に合わないんです。自分だけかと思ったら「問屋DD」や型番で検索すると皆同じ感想を持っているようです。だからこそ改造のし甲斐があるイヤホンみたいですが…。

3種類あるイヤーチップがどれも合わないので、仕方ないので前に使っていたSonyの予備を試してみたらこれも合いません。イヤホン自体が耳に合わないようです。

一番合うのがセリアの108円のものだったのでそれを使ってます。音は犠牲になるでしょうが、DDらしい面白い音を楽しめます。それでも直立不動じゃないと耳に固定できないので、動くときはほかのイヤホンを使います。

デュアルドライバーなイヤホンは手軽に立体感のある音が聞けるのでおすすめです。次に買うんだったら上海問屋じゃないDDを選ぶだろうなあ、と思います。