読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第3回 ポケモンGoのここがやばい! ゲームなのにアイテム不足って

Pokémon GO始めてやっとレベル5になりました。個人的にいまいち盛り上がらない理由をいくつか書いてみます。

改めて「現実世界でポケモンができる」という意味を考えると、まだまだ現実感が足りないと思います。端末画面とマップとキャラクターのシンクロ感がないので、「普通のゲームだなぁ」と思ってしまいます。

自分が移動しないときは何もできないゲームなので、そういう意味では多少リアルとリンクしてますが、まだまだ足りないと言う感じがします。

古い端末を使ってる自分も悪いですが、画面の中と現実が大きくずれるとしらけてしまいます。

今回思ったことがいくつかあります。1つは郊外でプレイするより、市街地でプレイする方が圧倒的に楽しいということです。

住宅街のPokémon GOが"お散歩"だとすると、市街地でのPokémon GOはやっと"ゲーム"と言う感じです。ポケモンゲットやポケストップの密度が全然違います。

バスに乗りながらプレイするのも楽しいです。路線バスは自家用車よりずっと遅いので、それなりにプレイできてしまいます。

たまに高速移動と判定されメッセージが出ますが、"私は運転者ではありません"というボタンを押すとプレイできるので、そのまま遊べます。

ただしPokémon GOは常にアップデートされているので、このような常識も変わっていくでしょう。ちょうど昨日あたり高速移動中のポケストップ判定が変わったというニュースがありました。

札幌市の地下街でぶらぶらしていたらいくらでもポケモンが湧き出るのでたくさんゲットしていたら、あっという間にモンスターボールが無くなりました。珍しいポケモンと出会っても捕まえられなくなります。

たくさん歩いたらモンスターボールをもらえるのかなと思ったらそういうわけではなく、ポケストップに寄らないと増えないみたいです。全然足りません。

どうしてゲームの世界なのに物不足に悩まなきゃいけないのか、個人的にあまり理解できないところです。ゲームの世界くらい無限にアイテムを使いたいものです。

検索したところによると、レベルが上がるほどモンスターボール不足に悩むことが多くなるようです。やってられるか。

Pokémon GOやってから3回目の率直な感想です。