ミルキーウェイ

いまの時代にあえてネットで発信する理由はどうしても伝えずにいられないことを伝えるためだと思います

スマホ時代なのにオーディオプレイやを手放せない理由を考えてみた

DAPをやめられない


ももちろんスマホに音楽(音楽以外のオーディオを含む)を入れています。スマホにオーディオファイルを入れるメリットは多いです。

なのに音楽プレイヤー(専用機器=DAP)をどうしても手放せません。かなり昔のタイプで2GBのと4GBのを併用しています。

なぜデジタルオーディオプレイヤー(以下DAP)を辞められないのか、まとめてみました。まずスマホを使うメリットからです。

64GBくらいなら簡単に買える


スマホに入れるカードは安いです。microSDHCのみ対応機種なら32GBで980円くらい、microSDXC対応機種なら64GBで1800円前後です。お店によりますが、音楽だけの用途なら高速タイプじゃなくていいので、楽に手に入ります。正直64GBあればもう十分です。

iPodWalkmanで64GBだったら気軽に手に入りませんのでスマホの方が断然有利です。

好きなプレイヤーアプリを使える


iPhone派の人はびっくりするかもしれませんが、Androidに「ごく普通のプレイヤー」ってあまりないんですよ。最初から入ってる音楽プレイヤーはメーカーの思惑が入りすぎて使いにくいことが多いです。同様にAndroid標準であるはずのGoogle Playミュージックが営業色だしすぎで、Googleの想定しない(自分の音楽を聞きたいだけの)使い方がしにくいので、サードパーティーアプリをつかうしかなくなります。

それでも膨大なアプリの中から自分にピッタリくるアプリが見つかれば、操作性で困ることはなくなります。私はOnkyo HF Playerを使ってます。

プレイリストを作ったり、イコライザーをかけたり、タイマーで寝る時に落としたり…、アプリ次第なので自由自在といえます。

荷物が1個減る


私の場合2台あるので2個減ることになります。日常生活で荷物を1個減らすのは大変な話なので、本来ならスマホにまとめた方がいいです。

バッテリー管理が楽になる


スマホの進化によって以前よりバッテリーで困ることが減ったと思います。スマホDAPを併用するより1台にまとめた方が充電管理が楽です。しかもBluetoothの方が省エネなので、より長持ちすることになります。

もし電池がたくさん必要だったならモバイルバッテリーを持てばいいだけで、逆に不要なら持たなくてよく、好きにできます。

スピーカー付き


ほとんどのDAPにはスピーカーがありません(個人的にはipod touchDAPって感じがしないです)。お風呂で聞きたいとき、ちょっと確認したいだけの時、スマホは便利です。

—————-

DAPのメリット


逆にDAPのメリットって一般的にはスマホより音がいいくらいのもので、他にあまりなかったりします。私の2GBのやつなんて音も良くないのでいいとこなしです。

それでも使ってしまうのは、惰性なんでしょうか。専用機ならではの安心感でしょうか。たしかにDAPは多少雑に扱ってもいいですし、落としてもなくしてもそんなに困りません。DAPそのものは小さいので公共の場所で使いやすいし、ポケットの中で簡単な操作ができたりします。

私のDAPに"ワンストップモード"があて、1曲終わるごとに止まる機能があって重宝してました。夜ベッドで寝ると同時に音楽が止まることになります。朝起きて音楽かけっぱなしだと非常に残念ですからこれを使ってました。まあ、スマホのおやすみモードの方が柔軟なんですけどね。

これからしたいこと


冷静に考えると音楽はスマホに入れる方がメリットが多く、DAPを使うのは慣れと惰性かもしれません。ちょっとだけDAPを引き出しにしまって、スマホだけの生活をしてみようかなと思います。

関連する小ネタ