ミルキーウェイ

いまの時代にあえてネットで発信する理由はどうしても伝えずにいられないことを伝えるためだと思います

大麻吸引ダメ絶対 やめられなくなる

大麻で町おこし」従業員2人も逮捕 自宅などから乾燥大麻が発見 #ldnews
http://news.livedoor.com/article/detail/12158711/

 鳥取県大麻栽培者の許可を得て麻栽培による町おこしに取り組んでいた会社代表が大麻取締法違反の疑いで逮捕された事件で、この会社の男性従業員2人も同容疑で逮捕されていたことが17日、分かった。

 厚生労働省中国四国厚生局麻薬取締部によると、大麻取締法違反(所持)の現行犯で逮捕されたのは鳥取県智頭町の大麻加工品製造業「八十八や」代表、上野俊彦容疑者(37)と、いずれも同町に住む30代の男性従業員2人。3人とも容疑を認めている。

 麻薬取締部の取締官が今月4日、上野容疑者の自宅や会社、関係先などを家宅捜索した際に、従業員の自宅などから乾燥大麻が発見されたという。

 「八十八や」は上野容疑者と従業員3人で運営されていたといい、町は残る従業員に新たな栽培や出荷を自粛するよう要請。栽培されている大麻は麻薬成分がほとんど入っていない産業用大麻だが、持ち出されないよう町職員が畑の見守りを行っている。
公式サイトは見れない


馬鹿な事する人だなあと思いました。栽培許可を得ていた大麻とは別に吸引用の大麻を入手していたようです。違法とわかってもやめられなかったんでしょう。

大麻合法化論者はよく、伝統のため、産業のため、医療のためという主張をしますが、彼らは吸いたいだけです。吸うための言い訳をしているのだと今回の事件もまた証明しました。

依存性がないからどうしたの?


よく大麻には依存性がない、少ないと言われています。仮にそうだとしたら、なんなんでしょう。

依存性のない麻薬はあります。テレビ報道などではあえてぼかしているだけで、有名なものでも依存性のない麻薬がいくつもあります。かつて合法だったけど今は禁止な薬物の中には多いです。

でなければ戦前まで使われていた薬物が戦後に(多少の事件はあったようですが)なかったことにできるわけがないでしょう。

依存性がないからと言っても体に害はありますし、売買されればマフィアの資金源になるだけです。

依存性は確実にある


大麻をすると多幸感に包まれ至福体験を味わえるそうです。それでいて依存性がないなんてありえるのでしょうか。ないと思います。

肉体的依存はあまりないのかもしれません。でも気持ちいものは必ず依存性を持ちます。持たなかったら変です。

それはマッサージだろうと温泉だろうと激甘シュークリームだろうとヨーガだろうと次郎ラーメンだろうと一緒です。日常の娯楽とは比較にならない快感が得られるなら、依存性も格段に高いわけです。

なんであろうと、強烈に気持ちいいものをまた使いたいと思わないわけがないのです。今回の逮捕者もそうでした。

また快楽は悪人が人をコントロールするためにも使われます。薬物を吸わせるために何か(悪いことを)させるなんて単純な例ばかりではありません。オウム事件では洗脳のためにLSDが使われています。洗脳された彼らは本気でサリンテロは良いことだと思ってるわけです。

頭から離れなくなる


私もタバコやめた人間なので、精神的依存の感覚はわかります。禁断症状が出ると、全知識全論理を総動員してタバコの吸引を肯定するしかなくなるのです。吸うためならどんなことでも考えます。

タバコには依存性がありますが、医療のおかげで肉体的依存は0にできます。ドラッグストアのガムを買うだけで体の衝動は抑えられるのです。

でも精神は難しい。四六時中、肯定する理由を考えます。頭から離れなくなるのです。大麻は医療のため、産業のため、伝統のため、といろいろ言われてますが、そういう理屈はすべて依存の結果です。ようするに吸いたいだけです。

吸いたさのあまり大麻(札幌の隣に"おおあさ"っていう町があります^^)というワードに過敏に反応して、いかに大麻が安全か、合法化すべきかを言いふらすのです。吸いたさのためです。

—–
ついでに、ラッパーのように声質が重要な人は、大麻を吸うと安っぽい声になるので、やめましょう絶対に。