読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は思います それは大変すばらしいことだと

10月に入ってブログのネタも少なくなりました。一応メモ書き程度のものはありますが、記事になるかわかりません。

というか、ですよ。7月から10月までに95回更新ってすごいことじゃないかと思うんです。言いたいことをいえて十分満足してるので、この先はそんなにないかもしれません

前も言いましたが、ブログのテーマは絞ってるつもりです。たとえばWEBサービスのことは書いても、そのサービスで何をするかあまり気にしない、みたいなところです。

今後はバラエティーに富んだブログに方向を変えて、今までにない分野に手を出したいなと思ったりしてます。

—————-

ここ最近何度目かわからない英語ブーム来てます。英語のオーディオ聞くのもいいけど、本を読むのも楽しいです。Kindleの児童書とかです。

世の中に英語を学ぶ本がたくさんありますが、こんな本はだめじゃないかなと思うのがあります。おすすめできない教材です。

それは英語より日本語の方が多い本です。英語の本だけどパッと見て日本語が多いのは選ばない方がいいです。ひどいのになると1ページに英語の文が1つあって、あとは日本語の解説が続くの本があります。それじゃおもしろくない。

English Through Pictures Bookシリーズみたいに、もしかしたらこの単語はこういう意味で使われてるのかも、なんて気づいた瞬間が楽しいものです。

あと、わからない単語はGoogle画像検索で見るとイメージできる場合がほとんどです。私は英語モードの時は英語版のFirefoxブラウザーをインストールしてGoogleも英語版にしてます。

「リンゴ」みたいな名詞の物体そのものは画像検索でわかりますし、「頭が混乱する」や「神秘的」みたいなわりと抽象的な単語も、だいたいどんなでも出ます。逆に日本語で説明された方がわからない単語だってあります。

例えば happy っていう形容詞に対応する日本語はありません。"幸い(さちい)人"とかになってしまいます。英語にはそんな言葉がいっぱいあるようです。でも画像でどんな状態か見れば細かいことは気にせずイメージできます。

これってインターネットがなかったら考えられない方法です。