ミルキーウェイ

いまの時代にあえてネットで発信する理由はどうしても伝えずにいられないことを伝えるためだと思います

オムロンのねむり時間計で目覚めがよくなる理由はアラームの絶妙なタイミング

朝、目覚ましが鳴ったけどあと5分寝たい、なんてことがよくあると思います。完全に自己責任の世界かと思われがちですが、実は本当に目覚ましのせいかもしれません。あらかじめセットするタイプの目覚ましは、人間の都合なんて考えてないからです。

1年くらいオムロンのねむり時間計の古いのを使ってます。いまは004Tまで出ているそうです。

うちのは古い001なのでフェリカ必須だったりしますが
重要な機能は問題なく使えます

機能を一言でいうと眠りの浅い瞬間に起こしてくれる目覚ましです。例えば7時に設定したら6時半くらいから7時までの間の眠りが少し覚めてそうな一瞬を狙ってアラームを鳴らしてくれます。

これ本当で、従来の目覚ましのような「タイミング悪いなあ」と思うアラームがなくなります。このタイミングだったらまあ起きてもいいかな、という感じです。

スマホを持っていることが前提のデバイスみたいなもので、ほとんどの設定やデータの観覧をスマホアプリで行います。寝ている間のグラフも見れたりいろいろありますが、一番の肝はアラームのタイミングだと思います。

スマホのアプリでも似たようなものがあります。大きな違いは電池の持ちがいいことです。こっちはボタン電池2個のわりに半年くらい余裕で使えます。

欠点は2つ。一つは寝る前にボタンを押す必要があること。習慣にならないとよく忘れます。

あとアラームのタイミングが適切過ぎて逆にムカついてしまうことがあります。あまりに的確過ぎて言い訳する余地がなくなり、コンピューターに支配されたようななんとも言えない気持ちになることがあります。

ねむり時間計 HSL-003T/HSL-004T | オムロン
http://www.healthcare.omron.co.jp/sp/hsl003t_004t/

が、しかしほめた直後に驚きの情報が!