ミルキーウェイ

いまの時代にあえてネットで発信する理由はどうしても伝えずにいられないことを伝えるためだと思います

マイネオ契約には裏技があった あとAプランの存在意義について

格安SIMマイネオではデュアルタイプ1GBコースを契約の方が毎月800円引きになるキャンペーンを実施しています。


このプランには裏技があるとごく一部で話題になっているようです。

というのはデュアルタイプ(音声付き)で契約してすぐにシングルタイプ(データプラン)に契約変更すると、ほぼ無料のデータ通信SIMになるといわれてるのです。サポートに確認した人もいます。

実際にはタイプ変更手数料2000円と税がかかるので差額は小さくなるし、SIMの郵送を2回するので手間はかかります。

そんな面倒なことしてまでこだわるところではないかなと個人的に思います。あと貴重な音声用電話番号を無駄にしないでくれと思います(音声プランの番号はトラブルがないように新品だったり利用の少ない中古が選ばれます)。

——

さて、マイネオといえばau回線とDoCoMo回線が選べる珍しいMVNOです。かつてAプランには魅力があったと思います。しかし今は微妙です。

Aの場合au製のスマホを使うことが多く、MVNO利用としての需要が少ないため白ロムの価格が安めです。同じような性能ならドコモ版より安価になってます。

それにドコモのスマホテザリングできないとかアップデートできないという制限が多く、格安SIM利用を妨げる要因になっていました。auの方がAndroidの作りが丁寧です。

いまは状況が少し違います。まずSIMフリースマホが増えてDプランの選択肢が増えました。キャリアのスマホなんて使わなくてもいいのです。AプランだとSIMフリースマホが使えないケースが目立ちます。

あとドコモ版のスマホも欠点が改善されて、テザリングやアップデートに制限がほぼなくなったらしいです。アップデートの制限されたらドコモショップの店員に代行を頼むしかなく、双方にデメリットしかなかったと思います。

VoLTEのauスマホSIMロック解除しないとマイネオ使えないことになり、SIMロックするのにも半年待つ必要があったりして、前より面倒ごとが増えた印象です。

新しくて安い白ロムがあったと思ったらSIMロック非対応で利用できないことも多いです。

とどめはAプラン利用時のiPhoneテザリングに対応する気配がありません。

総合的に見るといまからAを選ぶ理由はないかなと思います。マイネオはやめませんけど。