読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネット世界で生き残り、強い存在感を出す戦略

ネットで存在感を出しながら長きに活動するにはどうするといいのか。

ふと過去を振り替えってそういえばネットであんな人こんな人いたなあと思い出すことがあります。いまでもインターネットくらいやってるはずなんですがリセットされたらそれまでです。

私は特に炎上もせず人気も出ず批判にもさらされないままですが、自分のことをブログ持っていてSNSもやっているインターネットの一員だと思ってます。そこそこ長期にわたって日本のウェブを見てきました。

そのうえで、やっぱり何の鎧も着ずに何の防具も付けずに個人で活動するのはリスキーかなと思ってしまいます。長く続ける意味でも、素のままをさらけ出す方法は万人向けでないと思います。

かといて印象がないのも困ります。どんな人というイメージは大切です。肩書・キャラ・キャッチコピー・アバター、呼び方はいろいろありますが何か付けた人の方がうまくいっているように見えます。

ただし本当のことを書いてしまうといろいろリスキーです。少なくとも一般人向けじゃないです。

必要なのは「ほんとに?」「いや嘘やん」と思うものです。例えば

・自称団地妻→言動は独身オタク男子
・自称フランス王族の末裔→思考パターンは日本の庶民

みたいに見え見えの嘘だったり、思い込みの人格のようなものです。

これって本性を隠すわけですが、「着ぐるみのバイトをするとむしろ本性が出る」みたいな話はよくあるでしょう。それをやった方が長く上手にネットを生きられるのかもしれません。経験的にそう思います。

このブログも突然プロフィールにあらぬキャラクターが設定されて、どんな服を着てどこで書いてるみたいなキャプションが付くかもしれませんが、そんなときは温かく見守ってください。