ミルキーウェイ

いまの時代にあえてネットで発信する理由はどうしても伝えずにいられないことを伝えるためだと思います

スマホで場所を説明するのもうやめてほしい 位置情報の送り方

「いやそこじゃなくてー、3本目を右に曲がって、突き当ったら左でー」

電話で場所やルートを説明してる人を見ることよくあります。他人だったらアドバイスしたくてもできません。もうそろそろやめてくれませんか。

前記事:我々はスマホのことを知らなすぎかもしれない

スマホにマップアプリがあるのは基本です。Androidのマップだったら目みたいなマークを押すと現在地を表示します。


ただし現在地を知るためには位置情報を設定する必要があり、即座に反応しないこともあります。でも自分の町だったら地図を見て任意の点を指定するのくらい簡単でしょう。とにかくそのポイントを長押ししましょう。

建物名や住所がわかれば検索してもいいです。


ピンが立ったらそれをタップすると、メニューに「共有」って出るはずです。他のアプリに位置情報を送る機能です。


お好きなアプリで情報(URLや座標)を送りましょう。

ラインとか入ってたらそれも候補に出ます

iPhoneだったら現在地は矢印みたいな記号で、共有は紙をアップロードするような記号ですが、だいたい一緒です。

マップもそれ以外も共有マークは一緒みたいです

少なくとも場所を口で説明する必要はないと思います。