ミルキーウェイ

いまの時代にあえてネットで発信する理由はどうしても伝えずにいられないことを伝えるためだと思います

みんなでHDDの中身を見せ合ったら面白そう

他人のパソコンの中身を見せあう機会があったら(そんなの絶対嫌っていう人も多そうですが)いろいろ発見があり楽しいし勉強になりそうだな、って思います。変な趣味の話じゃなくて、ファイル管理の話です。前記事

例えばオンラインソフトの中にはインストーラーのないものがあって、アンインストールもファイル削除だけで済む場合がよくあります。

そんなプログラムは「ols」以下に入れてます。これももともと人の物まねで、特にデメリットもないのでずっと続けています。

ついでに言うと「olsgraphic」のようにジャンル分けする意味をあまり感じないので平たく並べてます。

ファイルを画像・曲・動画・ドキュメントに分けるのは普通ですよね。それよりも「○○関係」でファイル種類関係なくまとめることもあります。そこにルールはなく自分なりの世界観が表れて面白いです。

最近始めたのはファイルの中で「その気になればまた手に入るもの」かどうかで扱いを変えることです。本棚にあるCDのmp3版を大事にバックアップする理由ってあまりないです。いま持ってないCDだってネットレンタルなら全部手に入ります。

課金してダウンロードしたソフトにはDL期限があるかもしれませんが、また買えば入手できます。万が一消えたら悲しいけど必ず取り戻せます。

しかし自分で書いたテキストなんて消えたらもう終わりです。デジカメの写真も動画もそうです。ブログに上げたテキストならまだしも非公開のものは失えば二度と戻りません。こういうのはフォルダとして(ディスクとして)分けます。

いまは速度や転送量の制約があるので、全部まるごと保存できません。だから分類していきます。将来は一気に保存できるのかもしれませんがまだ無理です。

かつて3TBものファイルを保存できたら管理も大変になるんじゃ、と思ってたときもありました。TBなんて現実味のなかった時の話です。

今思うと1つのディスクに全ファイルを置ける分、外付けHDDに逃がしたりDVDに焼いたりしなくていいので管理は楽になった気がします。

テラバイトでも自分なりのジャンルで分けてしまえば、必要な時に必要なものを探せるので。