読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイソーでこれは買ったらだめというもの

◆謎


100円ショップがなぜ存在するのか、なぜ普通1000円以上するものが100円なのか、謎が多いです。納得のいく理由はあるのか考えてみました。まずネット検索などしないで知ってる事実だけでまとめたものです。

真っ先に思いつくのは何かよからぬことをしていたり、誰かが犠牲になっている可能性です。やるべき品質管理をやっていなかったりです。

◆陰謀?


しかし違法や不正状態がもう何十年も続いてる可能性はあまりないでしょう。ネットがあれば何でもわかる時代に何もなさすぎです。途上国で生産するなんてこともどこのメーカーも同じですし。

陰謀的なものがあるとして、なぜダイソー、セリア、キャンドゥ、シルクといったライバルが複数存在するのかも説明しにくいです。

人体に有害な製品があるかといえば、たしかに回収騒ぎはたまにあります。あまり大手のニュースにならない気はしますが、自主回収くらいどんなメーカーにもあるものです。

既存のアイディアをパクってるので開発費が少ない、というのはあるかもしれませんが、逆に人をうならせるようなアイディアで攻めてくることもあります。

◆言い分


100円ショップ側の人に言わせると、宣伝費をかけてないから、です。たしかに生活良品セリアのCMは見るけれど他のCMは見かけないし、100円商品の個別のCM・宣伝を見たことがないです。

最近私はファブリーズを買わないでセリアの消臭スプレーを使ってます。ファブリーズをけちけち使うくらいなら、価格が3分の1のセリアにして3倍気軽に使った方が効果あるんじゃないかと思ったからです。

いわれてみればファブリーズのCMはたくさん流れています。莫大な広告費用が価格に上乗せされていると考えるのが自然でしょう。

◆これはだめ!


北海道は日差しが強い地域なんで、日焼けしないために日焼け止めを常用しています。家で塗ってあとで追加塗りするんですが、毎日のことなので忘れ物することもあります。しかも今年2本目を買った直後に。

ダイソーで日焼け止めを買ってみることにしました。旅行用のハミガキよりちょっと大きいチューブのSPF50のもの、スペック的にはかなり強いものです。

日光には弱い肌だけど薬品には弱くないので問題ないだろうと買ってみました。100円なので多めに塗れます。肌が変になるかどうかが自分の中の争点だったのです。

家に帰って鏡見たらめっちゃ日焼けしてるやんけ!