読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Android派からみたiPhone(iOS)のメリット

Android的なある意味マニアックな部分が気に入ってますし、時代が進むごとにAndroid OSに端末スペックが追いついているように感じます。だけどiPhoneがいいなって思うことを列挙してみます。


画面が広く感じる


Androidで3.5インチといえばP-01Dと大差なくて正直使えないレベルです。でもiPhoneの3.5インチは結構使えるし4インチあれば十分に思えてしまいます。6の後に4インチのSEが発売されたのもわかる気がします。6S plus なんてすごい広さなのかなって思います。

なぜかiPhoneは広く感じます。1インチの画素数なら負けてないので、OSのデザインの差なんでしょうかね。

使用感が同じなら物理的に小さいほうが良いに決まってるし、電池的にも有利です。

それにスマホは所詮ちょっとした情報を見るものなので、小さくていいという意見も理解できます(ただ面積と体積は比例しないので大きいほうが色々有利という主張もあいかわらず持ってます)。


アップデートできる


Androidのアップデートできなさはまだ改善しません。実際にセキュリティー的な被害があるのかわかりませんが、できるなら新しいほうがいいのは確実です。このブログでさえかなり古いOSも考慮して設置しないといけないわけで、アプリ製作者のコストも余分に必要でしょう。

AndroidでOS自体アップデートできないことは普通で、小さなソフトウェア更新があるだけで"あたり機種"って思ってしまうのが怖いです。

iPhoneはいつも最新版が使えていいですね。

タッチの反応が良い


同じAndroidでもメーカーやシリーズでタッチ感覚は思ったより変わるものなんですが、iPhoneにかなわないです。まるで紙とか物理的なオブジェクトを指で操作している気分になります。

音楽系アプリの充実


OSの仕様だったり課金システムのおかげで音楽系アプリが充実しています。Androidにはまともな録音アプリがなく、あったとしてもマイクの品質が悪いので実用になりません。

外付けインターフェイスとマイクも数が少なくて機能も限定的です。iPhoneの方が手っ取り早いです。

制作・編集アプリの充実度ではiPhone一択といっていいです。Androidの次のバージョンではオーディオも改善される、と言われ続けてますが信用できません。OSがどうにかなかってもメーカーとアプリ製作者の足並みがそろわないと無理です。

OS 4で対応した機能がメーカによって無効にされたこともありますし、仮にOS6と7だけでまともに動くアプリを作ったとしても利益は出にくく、古いOSでも動く妥協アプリが多い印象です。


どっちつかず


こうやって利点を挙げてるとiPhoneの良さと、やっぱりAndroidがいいと思う理由がたくさん浮かんできます。具体的に書くのはほかの機会にしますけど、iPhoneが採用しないものでAndroidのメリットになっていること多いです。

ただスマホは所詮パソコンになれないのだから制約の中でいいことしよう、と考えたらiPhoneがいいと思うのは賛成です。

どっちにしろマニアは両方持つしかないです;;