ミルキーウェイ

いまの時代にあえてネットで発信する理由はどうしても伝えずにいられないことを伝えるためだと思います

なぜブログのアクセスアップにSEOは無意味になってくるのか

初めて1カ月ちょっと経過しますけど検索エンジンからの訪問がない当ブログへようこそ。やっぱりある程度の熟成期間は必要ですね。SNSなどから来てくれる方ありがとうございます。

巷ではどのブログサービスがSEOに有利か、WordpressよりSEOに有利なCMSはあるか、ドメインはどれがいいか、なんて話題があります。

もしかしたら今は多少影響するのかもしれません。しかしそんな本質的でない部分で検索エンジンの評価が変わる状況なんて、そう長くは続かないでしょう。アップデートされたらそれまでです。

たしかにお店の公式サイトが全体的に動的な表示だったりして検索不能になっていて、非公式サイトしかヒットしないときなど、対策してほしいケースはあります。そういうのは例外で、検索できないのはできるようにした方がいいです。

すでに検索可能なものはSEO対策なんて要らないんじゃないかと思います。ここは天下のGoogleのブログサービスなので致命的なエラーはないはずです。

例えば私の前のブログはGoogleからの訪問が月4000くらいで、サーチコンソールの情報でもクリック数では一致しています。しかしサーチコンソールの「表示回数」は10倍以上あります。

検索結果で10のうち9位だったとき視界にすら入ってない場合もあるでしょうが、そういう場合を除いて考えます。表示されてるのにクリックされないのは、タイトルとサマリーの時点で読む必要ないと思われたわけです。

このとき読んでみたいと思ってくれたなら、簡単にPVが増えることになります。実際過去の記事を振り返ると、自分でも読みたくないタイトルがかなりあります。書いているその場ではなかなか気づかないものです。

読んでみたいかどうかは内容で決まるときもありますが、誰が書いてるかも大きく影響します。SNSでタイトルとURLが流れてきたとき、純粋に内容を見ることはほとんどないでしょう。

というかGoogleからの訪問が4000だっとして全体のPVがいくらかは関係がないです。きっちり4000のブログもあれば2万のブログもあるでしょう。それはSEOとは全く違う領域の話になるのです。

たしかにそもそも検索されないキーワードと、みんな興味あるキーワードで差が出るのはわかります。でも根本的な内容を変えないなら、検索エンジンじゃなくてそれを使う人間の視線と手の動きを対策した方がいいと思います。