ミルキーウェイ

いまの時代にあえてネットで発信する理由はどうしても伝えずにいられないことを伝えるためだと思います

Google フォトに写真を預けてみたらワンダフル

前回Googleフォトを利用してスマホで撮影した画像を自動共有してみました。作った写真を一元管理して利用できるので、クラウドの利点を今更説明するほどでもなく。Google公式アプリなのでAndroidからならすぐ使えます。

じゃあデジカメの写真は全部Googleフォトで共有してみようかなと思いました。オリジナル画質なら容量制限があり、たくさん使うなら課金の必要があるものの、「高画質」なら無制限らしいです。ヘルプによると1000万画素くらいの写真なら劣化しないそうです。劣化が気になる人もいるみたいですが、私にはわかりません。

まずパソコンのHDDに散らばった写真のバックアップを集めてみました。同じ画像のバックアップも多いのでDupFileEliminatorで重複及び類似の画像を削除しました。容量半分くらいになります。似ている写真を消すと連射写真のような微妙な差ものも消えるみたいです…。まあいいです。

普通パソコンではフォルダで画像を管理していますが、Googleフォトでは日時と内容などで分類されるので、適当な所に集めてしまえばいいです。Googleフォトバックアップというソフトをインストールして設定からバックアップ元を指定するとあとはパソコンがスリープしないようにして放置するだけです。それなりに時間はかかります。

クラウドに置くことでGoogleに写真を自動解析されるメリットがあります。人物・場所・被写体といったアルバムを勝手に作ってくれます。アップロードしてすぐできるわけでなく、少し待ってから通知が来ます。

写真を時系列で見れるだけでもエクスプローラーで管理するよりは見通しがよくなるのですが、被写体で分類してくれると断然見やすくなります。

個人的には「ネコ」で分類されるのはありがたいです。過去の猫画像がネコアルバムにまとまってくれます。

機械なので分類を間違えることもあります。人物は晒せないのでモノ関係で、憎めない間違いベスト3を挙げてみます。

Googleには飛行機に見える画像



神社の拝殿が飛行機アルバムに入ってました。まあ気持ちはわかります。そのほかの写真は全部飛行機でした。

Googleには猫に見えるアザラシ



よくみるとネコじゃなくてアザラシです。というかこれ以外は正しく判断してくれるのがすごい。


Googleには犬に見える祭り




この中に犬がいると判断されました。不思議!