ミルキーウェイ

いまの時代にあえてネットで発信する理由はどうしても伝えずにいられないことを伝えるためだと思います

【バズワードじゃない?】VR時代は意外にもすぐそこまで来ている

2016年は「VR元年」なんてことが言われています。ウェブを見ていても情報の中心にいる方たちはみなVRのことを発信してます。

しかしながら今まで散々いろいろなバズワードに踊らされては裏切られてきた一般人は冷静な態度をとっているように感じます。

ユビキタスWeb2.0クラウド電子書籍元年、とかの過去があったので、もういい加減にしろって思ってるのは、私の見えてる範囲だけですかね。

スマホがあれば誰でもすぐにできるVR


実はVRの一部はとても身近なところまで来てます。360度動画に関しては全部のiPhoneと半分以上のAndroidでそのまま視聴可能です。

Youtubeで「360」のようにそれらしいワードで検索すると出てきます。一言で説明すると見たい方角を見れる動画です。スマホを動かすことで、バンド演奏だったらボーカルを見たりギタリストを見たりできます。

少し視野が狭い気がするのと、そんなに面白い動画がない気はするものの、まだの人は話のタネにみてみてはいかがでしょうか。

◆VRビューアは安い


スマホを装着できる専用のグラスも売られてます。しかも1500円くらいですよ。安すぎ。

私が買ったのはハコスコというブランドの、Google Cardboardに対応したグラスです。ハコスコは独自のアプリがあるし、Googleの規格も使えるし、両方対応してるならいいだろうと思いました。

普通に市内の量販店で買えました。PCショップなどだとまた別のブランドのグラスを買えるみたいです。高級品でも7000円くらい。

価格から考えても高級感は期待できないですが、それにしてもレンズが汚い。そして箱が歪んでいるようなので、少し調整が必要です。

Cardboard、ハコスコ、Youtubeのどれも難しいことなく見ることができて、どれにも当てはまる共通点を見つけました。

段ボール製ですけどVRです

◆画素数すごいぜ


粗い!粗すぎる!臨場感なんてないよ!!

イメージ的にいまどきのデジカメが1000万画素だとするとハコスコは1000画素くらいに感じます。

DVになるまえのホームビデオをブラウン管TVで見るとか、2005年のYoutubeとか、それくらいの雰囲気に似ています。Retina Display の iPhoneとHDのAndroid とは思えないくらい粗いです。

もちろんハコスコはVRの中でも一番簡易的な部類で、PlayStation VRなんかとは全く比較にならないでしょう。なんですけどお金払ってみる価値があるかというと疑問ですよ。

ハコスコはまだまだですけど、スマホの360度動画は1円もかからないのでそれだけおすすめです。

大げさでなく視聴者の受ける印象としては
これくらいの画素数です本当に