読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を闇雲にたくさん読むと理解できなくなる例

一般的に本を読むのはいいこととされています。でもこんなケースはさすがによくないんじゃないかと思うところがあるので述べてみます。

本を読む人なら好きな本・愛読書があるでしょう。その本がよほどマイナーじゃなかったら Amazon レビューやその他サイトのレビューがあると思います。

中には当然低い評価もあります。人には好みがあるし主義主張も違うし仕方ない部分があります。それは認めます。

しかしその中に、そもそも本の内容が読めてないのではないかというレビューも含まれていないでしょうか。

そういうこともあるかなと素通りすることが多いそんなレビューの名前をクリックして開いて見ると……。よく本を読んでいる読書家の方だったりする場合があります。内容が把握できてない。

誰だって本は1回読んで終わりのことの方が圧倒的に多いです。元々そういうジャンルの本も多いですが、ただそればっかりだと全然内容を読めてないものなのかもしれません。

そしてピント外れのレビューが生まれる、と。

——

私は同じ本をあほみたいに繰り返し読むことがあります。何度も読みたい本って意外と重要なのは途中の1~2章だったりします。他は前ふりだったり前提知識だったり補完情報だったり。

何度も繰り返し読むと正しく読めるかどうかは自分では確かめようがないですけど、確実に受け取る情報は変わるものだと思います。そして毎年のように意味が変わります。

とにかく、読書ってお金も時間もかかる行為なのに内容が読めないなんてかっこ悪いです。