ミルキーウェイ

いまの時代にあえてネットで発信する理由はどうしても伝えずにいられないことを伝えるためだと思います

いま中古のPCディスプレイを買うデメリット

自作PCパーツは常に進化しているので枯れた規格を探すなら中古しか選択がない場合があります。しかし、私が中古ディスプレイを買わなかった理由は4つあります。前記事

◆理由1 高い


FullHDのパソコンディスプレイの中古相場は8900円からくらいでしょうか。もともと良い品ならいいんですが発売当時の市場価格でも15000円くらいのものが多いです。

新品だったら13000円くらいからあります。正直お得感がないです。数年前の日本が異常に円高だったせいなのかは不明ですがこの差額なら新品がいいです。

◆理由2 古い


少し前の液晶ディスプレイは消費電力40ワットくらいの物が多いようです。いまの同型は20ワット以下くらいになってます。将来の電気代のことを考えると古いのは遠慮したいです。

ただし画質重視のパネルだととびぬけて電気を食うものがあります。それはそれでアリだと思います。私は色味とかあまり気にしないので。

あと同じLED製品でも最近のものはブルーライトカット機能が付いていたりします。

◆理由3 状態が悪い


先に相場は8900円くらいと書きましたが、これくらいの物は1か所は傷やすれがあります。美品だと値段変わらないんじゃないかと思えるくらいです。

◆理由4 付属品がなかったりする


新品ならケーブルなども含んでます

————————-

なぜかPCパーツ・周辺機器関係の中でディスプレイだけはUSEDのコストパフォーマンス悪い気がします。細かい理由はわからないけどそういうものです。

ただし本当にランニングコストが悪いかは意見が分かれるところです。消費電力が20W違ったとして1日6時間使ったとしたら、日本の平均で月80円くらいの差。気にならない人もいそうです。この辺りは気分の問題ですね。

続きます