ミルキーウェイ

いまの時代にあえてネットで発信する理由はどうしても伝えずにいられないことを伝えるためだと思います

違法だけど黙認されていたカラオケ動画がいよいよ規制されることの対処法

カラオケ動画の投稿を禁止する判決 東京地裁 | NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170512/k10010979761000.html

カラオケで歌う様子を動画投稿サイトで公開していた男性に対して、音源の権利を持つ大手カラオケ会社が起こした裁判で、東京地方裁判所が、権利の侵害にあたると認め、動画の投稿を禁止する判決を言い渡していたことがわかりました。

東京の男性がカラオケで歌う様子を自分で撮影して去年9月に動画投稿サイト、YouTubeで公開したことをめぐり、カラオケ用の音源を作った第一興商は、動画の削除や投稿の禁止を求めて裁判を起こしました。

第一興商が、レコードの製作者などに与えられる著作隣接権を侵害されたと訴えたのに対して、男性は、動画を削除したうえで、「自分が歌う様子の動画で、明確な侵害にはあたらない」と主張しました。

東京地方裁判所長谷川浩二裁判長は、去年12月の判決で、カラオケの動画の投稿は権利の侵害にあたると認め、今後、動画を投稿することを禁止しました。

これは前々から言われていたことがそのまま実現した感じです。でも誰かのピンチは誰かのチャンスだと思います。今後どうすればいいか考えてみました。

カラオケ動画のアップロードはもともと違法でした。大丈夫なのは自分で演奏した楽曲で、それも改変などがないことといった条件はありますが、カラオケは当初からダメです。

ただ黙認されていました。黙認されているけれど、これで収益化をする人が目立ってきたら規制されるだろうという見方でした。

つまりあまり目立ったことはするな、ということでしたが、昨今のYoutubeブームでそれなりにお金が発生してきたのでしょうか。目に余るということで規制する流れになりました。

人によってはピンチでしょうけれど、チャンスになるのは次のパターンです。

nanaの流行 … 伴奏に合わせて歌って共有するサービスです。基本的に誰かの(ギターやピアノの)演奏なので問題ありません(少なくとも今回のケースでは)。

うたスキJOYSOUND.com の流行 … カラオケ動画をアップロードするサービスはちゃんと用意されているのだからそちらへ投稿しようという流れになるかもしれません。公式のサービスなのでもちろん合法です。

ただしやっぱりYoutubeに投稿したい。再生数を稼ぎたいというニーズにこたえるために伴奏動画を作る人が大量発生するかもしれません。

ギターでコードを弾いて歌詞を付けるだけでもいいですし、J-POPをDTMでコピーできる人がいたら重宝がられるでしょう。

nanaうたスキもいいサービスだと思いますが、違法でもYoutubeで歌えてしまうという現状が障壁になっていた気がします。これからもっと流行ってくれると嬉しいです。

今回の出来事はクリエイティブな人たちにとってはチャンスかもしれません。

確実 iPhoneの画面を絶対に割らない方法

iPhoneに変えたことで心配なのは画面割れです。Android機種に比べて画面が割れている人の割合が多いと思います。その理由は割れていても使えてしまうから、ともいわれてます。しかし画面のもろさも影響している気がしてなりません。

ジャンクスマホコーナーをよく見ますと、Androidで本体がボロボロの端末は多いものの、画面が割れているものはあまり多くないです。経験的にですがやっぱりiPhoneの画面は割れやすく感じてしまいます。

週刊アスキーの連載で読んだ対策は「しっかり握れ」だそうです。たしかに絶対に確実に落とさない方法ではあります。そうなんですけども、それでもうっかり落としてしまうものですよね。

個人的に思うのは、歩きながらのスマホ操作はやっぱりよくないというということです。もし歩くなら芝生の上でするみたいに、地面のコンディションを考えておく癖をつけたいものです。

ネット検索で調べると、強化ガラスのフィルムを貼ることをおすすめしていることが多いです。もろい部分を補強するという単純明快な方法です。堅いガラスで覆ったら確かに強度は上がるのでしょう。

iPhone 6以降はカメラのデザインを見ても、ケースに入れて使うことを前提に作られていると思います。画面も保護する前提だと考えても不思議ではないでしょう。

ガラスフイルムの価格が2000円だとすると、割れた画面を修理するより圧倒的に安いです。なので私もただの保護フィルムをやめて堅めのフィルムに変えたいと思います。

ある時期以降、iPhoneを手帳型ケースに入れる人が増えました。たしかにスマートフォンは手帳みたいに使えますが、なぜこぞって手帳型にするんだろうと疑問に思ってました。

実は手帳型ケースは本体を落としたときにダメージを受けにくいという重要なメリットがあるようです。たしかにこういうケースは布などの柔らかい素材でできているので、プラスチックの薄いケースに入れるよりは安全でしょう。

ほかに時計のGショックみたいな分厚いケースに入れる方法もあるみたいです。たしかに衝撃に強いし防水効果があったりメリットは多いです。が、そうするとiPhoneのスタイリッシュな見た目を損なうので、ここは使う人のセンス次第だと思われます。

Android派だけどiPhoneを使う理由 iPhoneはガジェットじゃなくて○○アイテムだから

両方使ってみた結果iPhoneをメインにすることにしました。

iPhone 6というまだまだ現役の機種を半年ぐらい使い、HTL23という少し古いけどAndroid5 の現役機種を数ヶ月使いました。HTL23はデュアルカメラと言う武器を持ちながら、基本性能もしっかりしている良いスマホです。

Android4のころにまだあった雑な部分はもうなくなったように思います。Androidをメインにすることも十分可能です。

iPhoneのOSの安定感は相変わらずです。アプリの種類は両者同じものが多くなりましたが、音楽系はiOSの方が強いので自分に向いていると思います。

Androidが大好きだしiPhoneも捨てがたい。もし点数をつけて比較するなら50対50で同点です。どちらでもスマートフォンとしての基本を押さえているし、運用上困ることはないでしょう。

その結果メインスマホを再びiPhoneにすることにしました。その理由を語りたいと思います。

スマートフォンは高性能な電話だとか小さなパソコンだとかいう考え方をちょっとずらすことにしました。別のものだと考えることにしたのです。

もうiPhoneはファッションアイテムだと思うことにします。この人iPhone使ってるんだ、と思われたいとか自分はiPhoneを持っていると思いたい。それだけの理由ならやっぱりiPhoneの方がブランド力があります。

ガジェットじゃなくファッションアイテムだと思った瞬間、iPhoneの少々のデメリットは気にならなくなったし、デメリットと折り合いを付けたくなりました。

もちろんサブスマホとしてはAndroidは使います。

家電・デジモノが壊れたときホコリを吹き飛ばせば直るものなのか

マイクに不具合のあったZOOM Q3を復活させた話です。

f:id:milkywaynet:20170503225630j:plain

f:id:milkywaynet:20170503225633j:plain

ZOOMのQ3というカメラを使っておりました。簡単に説明しますとボイスレコーダーにカメラが付いたようなものです。動画は昔のケータイ並みですが音はすごくよいので、音質重視の動画を撮りたいときに向いています。

特に感度をLOWにするとどんな大音響のライブでも、和太鼓の演奏でもまず音割れしないタフさを持っています。

雨の日や炎天下の日など使っていたせいでしょうか。ステレオマイクの片方のレベルが弱くなってしまいました。

他の機能は大丈夫でも、音が綺麗なのだけが取り柄で映像は申し訳程度なカメラなので、マイクに不具合が出てしまったら持っている理由がありません。

分解してみて接触不良などがあるようなら直して、直らないならあきらめて他のモデルを買おうと思いました。Q3はシリーズの中でも古いほうで、同じようなコンセプトでHD映像に対応したモデルなど、進化版があるのでいい機会でもあると思ったのです。

分解するときは電池やSDカードをはずしてネジを取ります。3種類の小さなネジが使われているので精密ドライバーセットがあるといいです。

ディスプレイの上にも小さなネジがあるので忘れずにとりましょう。最初これに気づかなくて蓋を外すのに苦労しました。

二つに割れたら両者をつなぐコネクタがあるので取ると表側と裏側で分かれます。側面のスイッチ類はこのとき取り外しましょう。ネジもそうですが細かい部品が多いのでなくさないように。

マイクのあたりを見てみましたが明らかに断線しているところもなく、素人には手が出せない様子。

そういえば昔TV番組で話題になった、家電製品を水洗いして直すおじさんのことを思い出しました。家電製品が壊れるとき大抵ホコリが詰まっているだけなので洗剤と水で洗い流せば直る、という常識外れの理屈でとても推奨できるものではありません。

私のZOOM Q3は少し埃っぽく見えたので強めの風圧で1分くらいかけてホコリを飛ばしてみました。そういうスプレーがPCショップなどではよく売られています。

仮組して電池を入れてみるとなんとマイクが復活していました。どうやらホコリのせいか接触不良だったため一度ばらして組んでみるとうまくいったようです。

分解したものを組み立てるときは、スイッチ類を元に戻すのにひと手間かかりますが、それでも難易度でいうと5段階の1か2というところでした。

スマホの白ロムが値下げ時期に入った?

3月末から4月上旬の卒業・進学・就職シーズンに全然下がらなかった(むしろ上がった気がした)スマートフォンの白ロム価格がやっと少し下がった気がします。やっぱりいい時期と悪い時期があります。

普通は白ロムはゲオやブックオフで買うよりPCショップ的な専門店で買う方がおすすめです。ゲオやブックオフはチェックが雑すぎます。目立つ傷や割れがあっても平気でBランクで売られています。

じゃんぱらでBランクといえば素人目には新品同様のきれいさです。「擦り傷あり」になってて、近くでよく見ると確かに傷があるのですが、かなり厳しい判定がされてます。それでいて買取価格も悪くない。

だがしかしゲオやブックオフをひとくくりにはできません。お店によって陳列がきれいだったり、価格が状態に対して納得できたりします。たぶん担当者がスマートホン好きなんですね。

たまにいい店があるのでゲオめぐりをやめられません。

中古パソコンのメリット「壊れやすい」は嘘

中古パソコンを買うことのメリット・デメリットを検索してみたら否定的な意見が多かったです。たしかに当たりはずれのあるギャンブルみたいなところはあります。

個人的にはジャンクに近いマシンはギャンブル的に買えるし、信頼性が欲しいなら専門のショップでしっかり検査されているのを買えばいいと思います。

記事を読んでいて一つ気になったのは「中古パソコンは壊れやすい」ということ。「古ければ古いほど壊れやすい」というサイトもありました。これはちょっと変だと思います。

教科書で習った故障率のグラフがあります。

www.geocities.jp

f:id:milkywaynet:20170418080814j:plain

・初期は壊れやすい
・初期を過ぎると安定期に入る
・ある程度古くなると故障率は上がる

実は機械は買ってすぐのほうが壊れやすいんです。初期保障のある所以です。

中古パソコンは発売からしばらく経過しても壊れてないものが売られているので、新品より壊れにくいとも言えます。

じゃあ摩耗するのは何年くらい? というと、例えばHDDの寿命は5年くらいといわれています(ウェスタン・デジタル社の場合だそうです)。5年前のパソコンを中古で買うことはあまりないですよね。買うとしたらメインじゃない遊びのためです。

最近タイピングが劣化したのはたぶんスマホのせい

PCでタイピングをしていても昔みたいにすらすら行かないのは私だけでしょうか。キーボードが手にあってない可能性もありますが、日本製ノートパソコンのようにある程度の質を保ってるキーボードや高品質なはずのMacのキーボードでも日本語がうまく打てません。

かつてローマ字入力は日本語に向いてないなんて論争がありました。結局「かな入力」は流行るどころか廃れてしまい、キーボードで打つならローマ字しかない状態なわけで、大多数のユーザーはローマ字入力を選んだということですが、そういう次元とは関係ないくらい壊滅的に文字を打つのが苦手になってます。

おそらくスマホの音声入力のスピードに慣れてしまったからだと思います。音声入力はうまくいけばしゃべるのよりワンテンポ遅いくらいで、キーボードとは比べ物にならないくらい早いです。

それも技術の進化でほとんど間違えないレベルになって来ました。AndroidiOSで若干性格が違うのですが、個人的にはiOSのほうがうまく使える気がします。声を出すと随時文字に変換されるので気持ち的にスピーディーです。Androidの方は精度はいいのですが、一気にまとめて変換なところが惜しいところです。

一昔前の音声入力は認識が甘くてイライラすることもありました。Windowsのエンジンは今でもそうです。しかしiPhoneAndroidだともう実用的と言っていいと思います。

歩きながら短めのメールを送りたいときなんて、音声入力を使わない手はありません。場所によっては人目が気になるのは難点ですが、精度がいいのでどうしても優先して使ってしまいます。

いまだに音声入力を全く使わないという人がいたら、ぜひ使ってみることをおすすめします。もうそういう時代に来たと思います。多少活舌が甘くてもしっかり認識してくれます。