ミルキーウェイ

いまの時代にあえてネットで発信する理由はどうしても伝えずにいられないことを伝えるためだと思います

人が変わるときに起こること

最近Youtubeでギターの講座の動画を見ています。動画サイトがなかったころは教則本か高価なビデオ(DVD)くらいしかありませんでしたが、いまは様々な角度から映像で指導してくれるので便利な時代になったと思います。

やっぱり文字で伝えるよりも映像と音声で伝えるほうが情報量が多くて1度にたくさんのことが理解できます。

そんな中でとても興味深いことを言っている人がいました。

「数えられないくらい量の教則本を読んだけどギターはうまくならなかった。もしかして教則本の著者は読者が上手にならないように嘘を書いているのじゃないだろうか。そう思った時から上達した」

その人の中であたり前の信念である「教則本はうまくなるためにある」を疑ったときに大きな変化があったわけです。こういう今まで疑問に思ったこともない絶対的な物事を疑うことが大切なんだと思いました。

私だったら「何事もベストを尽くしたほうがいい」という信念があります。これは過去に議論して得たわけでもなく、いつの間にか刷り込まれていたものです。それに一般的に考えてもベストを尽くすことが悪いこととは思えません。

しかしそんな当たり前で絶対正しいと思っていた信念を変えてみたらどうでしょうか。8割の成果を守っていたほうが効率よく進むのではないだろうかとか、完璧主義を目指して進歩がないより3割4割の進み具合で行ったほうが良い結果を生むかもしれないとか、様々な可能性が見えてきます。

こうした信念は頑張って身に着けたものでなくいつの間にか無意識的に判断に影響しているもので、一見すると悪いことでない場合が多く、本人にとってはまさか変えたほうがいいこととは思えないことだったりします。

教則本はうまくなるためにある、を疑うのはなかなかできることじゃないでしょう。

人間が変わることができるだとすれば、その方法はこのようなことではないかなと思いました。

もしかしてPCのメモリが足りないんじゃないかと思う

メインのデスクトップマシンのメモリが4GB。これって少ないんでしょうか。もしかして少ないのかもしれないと最近思いつつあります。ずっと4GBだった理由は何なのか。

32Bit OSだからではない

システム的に対応してないわけではなく、ちゃんと64BitのOS(Windows10)を使っています。

ハードが対応してないわけではない

コンパクトなPCなのでスロットは2つしかないのですが一応16GBまで対応しています。

お金がないからではない

元が4GBなので倍の8GBにしても4千円台で済むことはなんとなく知っています。出せない金額ではありません。

やり方が分からないからではない

メモリの交換の仕方は一応知っています

じゃあなぜ4GBだったのか

それは4GBもあれば必要十分だと思っていたからです。だって4GBですよ。

動画編集も音楽編集もそれなりにするほうですが、著しく遅かったりエラーが出たりということはなく、SSDを使っているので仮想メモリが足を引っ張ることもそれほどありませんでした。4GBもの容量があればそうそう困らないでしょう。

今どきのOSのメモリ管理は優秀なので常に使用量が3GB付近を維持しているということは、メモリが足りない理由にも足りてる理由にもならないはずです。OSは持っているリソースをもとに賢くやりくりしているからです。

それでも最近はChromeだけで1GB以上消費することも多くなりました。おまけに私のPCはビデオカードを積んでいないのでグラフィック分のメモリも消費します。

そう考えるとそろそろ8GBくらいはあってもいいかなと思うようになりました。

いまごろ4GBじゃ足りないかもしれないと思い始めてきた、なんて言うとびっくりされるかもしれません。

PCを持ち始めたころだったら、必要不必要にかかわらず手に入りそうなだけのメモリを積んでいたかもしれません。そうしないのはPCへの興味が薄れてきたから?

 

メールアドレスを変えるデメリットなど

milkywaynet.hatenablog.com

先月初頭からメールアドレスの変更をしてました。10年以上は使ったであろうメインのメールアドレスを別のGmailに変えました。理由は過去記事に書いてあります。

私の場合のメインのメールアドレスとはサイトに登録するときに使うようなアドレスのことです。前提として私はどんなサービスもほとんど同じアドレスで登録していました。それで全然問題がないからです。〇〇用メールアドレスというような使い分けをしている人はまた話が違ってくるかもしれません。

個人と個人のメール連絡をする頻度はもうこの時代多くないですし、「アドレス変わりました」というだけなのでそんなに難しくありません。

サービス登録のメールアドレスを変えることの難しさは、自分が登録しているサイトを余すことなく列挙くすることが難しいのと、サービスによってシステムが異なることです。

変更作業後1か月たってみてほぼうまくいったと思います。結果的にアドレス変更にシステム的に対応していないのは楽天銀行くらいでした(変更後のアドレスがフリーアドレスとみなされてしまってはねられるようです)。これは後でサポートに電話する必要があるかもしれません。

Google アカウント関係も所有者の変更やコンテンツのコピペで移動することができました。各サービスに新しいユーザー(自分)を招待し、オーナーに昇格させるというような作業です。ただスマホゲームみたいにアカウントにデータが紐づいているような形のものは移動できないと思います。課金したアプリがある場合も面倒なことになるでしょう。私はどちらも使ってなかったのでその点は楽でした。

普通のサービスだったらメールアドレスはIDみたいなものなので取り換えられるのですが、Gmailに対するGoogleのサービスは一体化しているため、場合によってはこわいことになるかもしれないなと思いました。

古い方のメールアドレスは課金が終われば存在しなくなります。後から変更忘れのサービスがあってログインできなくなったりするデメリットはあります。人の作業には漏れがあるからです。

そもそもなぜ前は有料のアドレスを使っていたかというと、あの頃はそのほうがいいと思ったからです。将来(つまり今)もGmailは安泰でAndroid OSの成功でさらに地位が上がり、逆に有料アドレスのほうが新規受付を終了して誰も使わないサービスになるなんて予想できなかったです。

同じように10年先にGmailがどうなってるかも誰にもわかりません。長く使うものなのである種のかけみたいなところはあります。

ある意味では(今回私がしたように)メールアドレス変更を経験してみてアドレスはいつでも変更できるんだという安心感を持っておくことがいいのかもしれません。

10年使ったメアドを変えたい~設定変更編

過去に受信したメール3万通の送信者をリスト化してみたら600件ほどになりました。その方法をざっくりいうと、Googleから一括ダウンロード、そのmboxをデコード、送信者を抽出(Windowsで使えるGNUツールを使いました)。

さて上から順にアドレスをみていって変更の手続きが必要なら、サービスにログインして変更するという作業を繰り返します。サービスに登録するときは1回はメールが来るはずなので、これですべてのサービスの設定が新しくなるはずです。

予想通り今どきのサービスはすべてメアドの変更に対応しています。何年もログインしてないところでもパスワードを覚えていればログインはできます。

ほとんどのサイトでメールアドレスとパスワードがあればログインできますが、たまに(ゲオなどのように)会員番号などを必要とするところがあるので難しいところは後回しにしました。

600件のうちスパムだったり(転送されたものなど)自分に関係ないアドレスが結構たくさんあります。ほかには同じサービスなのに微妙にドメインが違うものもあるので、作業は思ったよりサクサク進みます。

それでも200件を超える前に集中力が途切れました。

休み休み作業を続けた結果、変更できたサービスは60ほど、保留したのは17程度でした。保留にしたものはほとんどログインしたことのないサイトだったりするので、今後時間があるときに対応することにします。

milkywaynet.hatenablog.com

10年使ったGoogleアカウントを変えたい

前回の続き

Googleアカウントの統合というのはできないそうです。ソースは

アカウントの統合 - Google アカウント ヘルプ

唯一(?)の例外はChromeの同期する情報です。これは本来ローカルにあるデータをクラウドにあげられるという位置づけだからでしょうか。元のアカウントをログアウトして、新しいアカウントでログインすると、ブックマークなどの情報が移行できます。

ユーザーを追加して権限を与えることでアカウントを譲渡できるサービスもあります。ブロガーがその代表です。ほかにサーチコンソール、アドセンス、アナリティクス、フォトも同じように新しいアカウントを招待することができます。

ここで疑問なのは、確かにブロガーはオーナーを挿げ替えることができるのですが、アドセンスなどもそうなのか、それともオーナーは元のアカウントなのでそちらが消えれば全部消えるのか、です。まだわかりません。

カレンダーや連絡先はエクスポートしてインポートすることで移動できます。連絡先は1回で済みますし、カレンダーも3つくらいなら難なく移動できるでしょう。

Google KeepやGoogleアラートは移動できないので地道にコピペします。アラートが10個くらいあるので後で手作業で移動することにします。

ChromeストアにしろPlayにしろアプリを有料購入したことがほとんどないので私の場合は特に考えなくていいでしょう。

Googleアカウントで使えるゲームなどはどうすればいいんでしょう。RSSリーダーFeedlyGoogleアカウントで使ってます。こちらはエクスポートしてインポートで対処することにします。過去のログは流れてしまいますが…。

milkywaynet.hatenablog.com

10年使ったメールアドレスを変えたい、可能なのか

最近の懸案といえばドメインとメールアドレスです。10年前に取った独自ドメインGoogleAppsGmailアドレスとして使っているのですが、これをやめたいのです。

同じGoogleGmailアドレスでも独自ドメインGmailは使えないサービスがあったりして不便なのと、10年たって個人で独自ドメインをもつメリットもなくなったうえに、毎年の更新料も負担になってきたからです。

問題になるのは、メールアドレスを変えても大丈夫なのかと、Googleのアカウントの移行です。

メールアドレスの変更による困ったことで想定されるのは、メールアドレスを知っている人からの連絡が途絶えないか、サービスにログインできなくならないだろうか、くらいです。といってもこれまで登録したことのあるサービスは数えられないほどあり、もれなく変更するのは大変ですし、(最近は少ないでしょうけど)メールアドレスを変更できないサービスもあるかもしれません。

https://takeout.google.com/settings/takeout

Gmailには過去のメールを一括ダウンロードする機能があるので、そのメールアドレスを抽出してみようと思います。過去に登録したサービスなら1回はメールが来ていると思うからです。過去にやり取りしたことがあるメールアドレスの一覧を見てみると…。

milkywaynet.hatenablog.com

不倫報道が多くてもいいじゃない

不倫報道が多いです。多くて問題だという人もなぜかいますが、私はごく普通の現象なので特に気にする必要もないと思います。

マスコミの流行り廃りは過去数えられないほど繰り返されてきたことですし、このままこのブームが永遠に続くとも思えないからです。

去年の冬はバス事故ブームでした。軽井沢で大きな事故があったからですが、そのせいで普段ならほとんど注目されないような追突事故だったりエンジン故障も逐一報道されていました。

「最近バス事故が多いね」なんてことをいう能天気な人もいましたが、もちろんバス事故が増えたわけじゃなくて報道が増えただけです。ブームじゃなかったらけが人なしや数人軽傷の事故が大々的に報道されるわけがありません。

この記事を書いている今だってバス事故は起きてます。軽く検索したら3日連続毎日起きてるようです。しかし今はバス事故ブームじゃないのであまり注目されません。

前部大破...路線バスが街路灯衝突(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170908-00000894-fnn-soci
9/8(金) 23:11配信

<新東名道>バス全焼、乗員と乗客けがなし 一時通行止め (毎日新聞) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170909-00000043-mai-soci
9/9(土) 11:28配信

常磐道で車とバス衝突、7人けが 車が中央分離帯はみ出し停車 (福島民友新聞) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170910-00010008-minyu-l07
9/10(日) 11:43配信

少年犯罪ブームだったら窃盗などの小さな事件も大きく報道されますが、ブームじゃないと報道されないのは同じです。起こった出来事の大きさでなく、流行り廃りで扱いが変わります。

危機管理の立場の人だったらこういう流行り廃りは重要な意味を持ちます。例えば農作物の産地偽装事件があったとして、ブームのときだったら大騒ぎされますがブームじゃなかったらほとんど問題になりません。世の中の空気を読み誤ると思わぬ損害を被ります。

特にそういう立場にない人はブームが来ても来なくても特に関係ないのではないでしょうか。マスコミは中身は何でもよくて、1つのことに群がりたいだけだからです。